収集療法とは何ですか
卵巣の機能は年齢と共に衰えていきます。そのスピードは人により違いますが、時に驚くほどのスピードで衰退している場合もあります。
卵巣機能が低下している方に対し、コウノトリは「人一己百(他人が一の努力で成し遂げるなら、自分は百の努力でこれに当たる)」という精神で収集療法を行ってます。また、個々の状況により卵子収集或いは胚収集のどちらが適しているかを提案しています。
私は収集療法に適していますか
上記の通り、卵巣機能が確実に低下している方は、卵巣の卵子量が同年齢の女性より少なく、1回の採卵で5個に満たない場合もあります。そのような場合は、卵子収集療法をお勧めします。これにより同等の効果を得ることができます。
臨床研究の統計によると、女性の卵子の質の異常は年齢と関係があります。また、年齢が増すにつれ卵巣の卵子量が減少するだけでなく、染色体異常の比率も急激に上昇します。このため、個々の状況により卵子収集或いは胚収集のどちらが適しているかを提案しています。
卵子収集と胚収集の比較
卵子収集、胚収集とは何ですか
卵子収集法
38歳以下で、卵巣機能が低下している若い方
卵子の数が少なくても質が良いため、まず卵子を収集し、その後融解して受精させます。ガラス化凍結保存法では、卵子融解後に受精し移植した場合と新鮮卵子を受精後に移植した場合の妊娠率は、ほぼ同じです。
凍結保存の流れ 凍結融解の流れ 卵子をいくつ収集する必要がありますか
胚収集法
38歳以上で、卵巣機能が低下している方、或いは2人以上の子どもを望む方
採取できる卵子の数が少なく、染色体の異常率も高いため、採卵のたびに新鮮移植を行えば、精神的ストレスがあるだけでなく妊娠率も低いです。更に移植できる胚がない場合もあるため、胚を培養してから質の良い胚を数個を集め融解移植を行えば、妊娠率が高くなり、精神的ストレスを抑えることもできます。
*また、着床前の胚染色体スクリーニング(aCGH)を利用し、健康な胚を見つけることができます。
凍結保存の流れ 解凍移植 胚を幾つ集まったほうが良いですか?
収集療法の費用はいくらですか
卵子収集法と胚収集法の費用について
卵子収集、胚収集の費用
4回の収集を例にとり、卵子融解授精或いは胚融解移植の費用を比較した場合:
(薬代は含まれていません)
治療方法 費用(米ドル)
卵子収集 約$10500
胚収集 約$15000
※また費用は当日のレートにより計算いたします
コウノトリ生殖医療センター
公式サイト
https://jp.icryobank.com/
会員登録 https://jp.icryobank.com/page/start-cure?dialog=new
台北院
台北市中山區樂群二路189號
新竹院
新竹市忠孝路80號
電話でのご連絡はこちら
+886 2-2532-3357
診療時間内のご連絡をお待ちしております
卵子収集と胚収集の比較
胚凍結 卵子凍結
1回目の成功例 1983年 1986年
対象者 38歳以上の女性 38歳以下の女性
適している理由 高齢の女性の卵子は染色体異常の確率が高くなります。胚を培養し質の悪い胚を取り除き、着床前の染色体スクリーニング(aCGH)を利用すれば、健康で質の良い胚を取り出すことができます。 若い卵子は数が少なくても質が良いため、卵子を収集しもう一度融解すれば授精を数回行う必要がなく、費用を抑えることができます。また、男性不妊の場合は精子の使用量を減らすことも出来ます。
細胞凍結 外観の良い胚 成熟(MII)卵子
採集数 2~4個 6~10個
費用 高い 安い
凍結の難易度 低い 高い
融解生存率 95%以上 約90%
胚移植 培養5日目の質の良い胚を融解し移植します 培養3日目/5日目の質の良い胚を新鮮移植します
妊娠率 約60~70% 約40~50%
卵子をいくつ収集すればいいですか
卵子の数はいくつあれば足りますか
アメリカの学者が分析した多くの文献により得られた結果を見ると、出産率は年齢の増加に伴い明らかに下降する傾向があり、4個の卵子を融解したとすると、30歳の女性の出産率は22.7%ですが、35歳の女性では17%に下がり、更に40歳以上となると12%にすら達していません。
凍結保存に必要な成熟卵子の数は以下の通りです:
年齢 35歳以下 35~38歳 39~40歳 40歳以上
成熟卵子 10個 15個 20個 20個以上
胚をいくつ集める必要がありますか
胚をいくつ集める必要がありますか
着床前遺伝子スクリーニングを行わない場合は、成長状況や外観により移植する胚を選びます。
妊娠率及び出産率は年齢により異なります。