卵子の在庫量の指標とは何ですか。
女性の卵子数は生まれた時から決まっています。青春期になると、年齢とともに卵子の数が減ります。卵子の在庫量検査により、卵巣機能が確認でき、今後の治療に役立てることができます。

卵子量の2つの指標:

 
抗ミュラー管ホルモン(AMH)
卵胞から分泌されたホルモンであり、卵子の数と共に減少します。これは卵子在庫量を確認するために最も重要な指標です。
AMH < 0.8 0.8-2 2-6 > 6
卵子量 不足     豊富
排卵数 < 2個 < 4個 4-10個 > 10個
AMHと卵巣年齢の関係:
卵胞刺激ホルモン (FSH)
下垂体で分泌され、卵胞の成長に必要なホルモンの一つです。卵胞の成熟を促します。
生理の1-3日目に採血検査で「卵子量」の確認ができます。但し2-3回の検査結果をもとに判断したほうが確実です。もしFSH>10mIU/mLなら、卵巣機能が明らかに低下しています。(注意:卵巣の手術をした経験がある方や子宮内膜症がある方は、FSHの数値は参考になりません。)
FSH mIU/ml < 8 8~10 10~12 12~25 > 25
卵子量 豊富 軽度低下 中度低下 重度低下 閉経間近
排卵数 > 10個 10 ± 2個 < 8個 < 5個 0~1個
いつこの検査が受けられますか
生理の1-3日目に検査を行います。内分泌機能の検査も同時に受けることができます
検査の流れを教えてください
採血で検査ができます。
コウノトリ生殖医療センター
公式サイト
https://jp.icryobank.com/
会員登録 https://jp.icryobank.com/page/start-cure?dialog=new
台北院
台北市中山區樂群二路189號
新竹院
新竹市忠孝路80號
電話でのご連絡はこちら
+886 2-2532-3357
診療時間内のご連絡をお待ちしております