胚収集-凍結の流れ
月経周期
治療開始 再診 排卵促進剤を注射 採卵/凍結 胚の培養、凍結 次の月経周期が始れば、続けて採卵します。
3治療開始
卵胞発育を刺激するために、よく使用される薬
長時間型Elonva エロンバ 短時間型Pergoveris パーゴべリス
短時間型Puregon ピュレゴン 短時間型Gonal-F ゴナールエフ
810再診
採血:ホルモンが予想した範囲内かどうかを確認します。
超音波:卵胞の発育を確認します。
*超音波と採血の結果により、医師が薬剤と治療方法を調整することがあります。
12治療中最も重要な排卵促進剤を注射
r-hCG GnRH agonist
LH サージ誘起Ovidrel オビドレル 内生性LH surgeDecapeptyl デカペプチル
14採卵
卵子卵丘複合体によりI~IIIに分けます。 酵素で卵丘細胞を除去し観察ます。MIIのみ受精能力/凍結価値があります。
19胚培養、凍結
1次の月経周期が始まれば、続けて採卵します。
凍結胚盤胞融解の妊娠率 採取数の目安
コウノトリ生殖医療センター
公式サイト
https://jp.icryobank.com/
会員登録 https://jp.icryobank.com/page/start-cure?dialog=new
台北院
台北市中山區樂群二路189號
新竹院
新竹市忠孝路80號
電話でのご連絡はこちら
+886 2-2532-3357
診療時間内のご連絡をお待ちしております
胚融解移植の妊娠率について
コウノトリ生殖医療センターは、移植する胚の数を減らす努力を3年間続け、融解胚移植の平均妊娠率は6割に達しました。
採取数の目安
胚をいくつ集める必要がありますか
着床前遺伝子スクリーニングを行わない場合は、成長状況や外観により移植する胚を選びます。
妊娠率及び出産率は年齢により異なります。